連帯保証人提供事業について

質問:「支援者」とはなんですか?

回答:利用者の方の日常生活・社会生活を継続的に支援する、専門知識をお持ちの個人や団体です。例えば、通院している病院のソーシャルワーカー、福祉サービスを利用している事業所の支援者、ケアマネージャー、相談支援専門員、福祉団体の職員等になります。

支援者の方には”支援計画書”を作成していただき、計画書に基づき、定期的な見守りをしていただくことをお願いしています。また【やどかりサポート】への定期的な報告も行っていただきます。

 

入居支援事業を利用するためには


利用の対象者は、次のいずれかの理由によって賃貸住宅入居の際に必要とされる連帯保証人がいない場合に、法人の支援を必要とする方です。

  1. 障がいをお持ちの方
  2. 貧困の方
  3. DV(ドメスティックバイオレンス)被害者の方
  4. 高齢の方
  5. ひとり親、多子世帯等の子育て世帯
  6. 児童養護施設の退所者
  7. その他、利用決定委員会において、相当と認める理由のある方

 

利用料・利用の要件


利用料 2年ごとに2万円

(3年目以降は更新)

家賃 原則月額6万円以内

(共益費の月額は3,400円以内)

敷金 家賃月額2か月分以上あること
保険 当会基準を満たす火災保険への加入が必要です
支援者 原則として継続的支援を行う個人・団体が必要です

※原則として、利用申し込み時には当会事務所へ来所していただいております。

 

連帯保証事業

[連帯保証提供事業]
(電 話)099-800-4842
(FAX)099-800-4845
相談日:月曜・水曜・金曜(祝日休み)
(相談時間 10:00~16:00)
面談時間:月曜・水曜 13:30~17:00
電話受付時間:9:30~17:30
E-mail smile.yui.jimusyo@gmail.com