シンポジウム開催報告

2020年1月15日

かごしま県民交流センター大ホールにて

賃貸経営×居住支援=地域・安心・未来・創造

~空き家対策のために活用したい住宅セーフティネット制度~

と題し、シンポジウムを行いました

基調講演は、株式会社あんど代表取締役である友野剛行氏による

福祉事業者と不動産事業者がタッグを組み設立したあんどが

実際に行っている住宅確保要配慮者向けの居住支援についてお話いただきました

 

鹿児島県居住支援協議会からは、新たな住宅セーフティネット制度と

登録住宅にについてご紹介いただきました

わたしたちやどかりは、このシンポジウムを成果報告会と位置付けており

独立行政法人福祉医療機構社会福祉振興助成事業として

2019年4月より行ってきた「地域ふくし連帯保証」と「やどかりハウス」について

報告を行いました

 

パネルディスカッションでは、コーディネーターに

NPO法人ワンファミリー仙台理事長の立岡学氏をお迎えし、

基調講演を行っていただいた友野氏、

鹿児島県土木部建築課住宅政策室より技術補佐の渡島秀夫氏

社会福祉法人恩賜財団済生会 済生会鹿児島地域福祉センター副所長の向井康子氏

やどかり相談員の中芝亜寿香

によるパネルディスカッションを行いました

安心して住める、安心して貸せる「居住支援」の活用について話し合いました

シンポジウムは122名の方にご参加いただきました

県外から参加いただいた方、不動産事業者の方、大家さん、居住支援に興味のある一般の方

と、新しい出会いがたくさんありました

ご来場いただき、誠にありがとうございました

このご縁を大切に、そして、発表した内容をさらに飛躍させるべく

やどかりは今後も精進してまいります

何卒、温かいご支援を、今後ともよろしくお願いいたします

 

シンポジウム配布資料